●Anne Dudek (アン・デュデク)のファンサイトです。●NHKでAnne Dudek主演ドラマ「The Book Group」が放送されるようにがんばろう。
by blogcrusher
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


カテゴリ:Anne Dudek( 14 )

これはもうTruly really Anne Dudek だぜ!!

アン様またまたキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

       質問メールしたら返事が来た

Anne's mail again━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

アン様から初メールをもらったのが12月1日。

その次の日に軽いお礼のメールのようなものを送ってみた。

まあ、それは返事をもらう性質のものではないので、そのまま。

それで12月7日。

あんまり、ばしばしメールしてもうざがられると思って、そろそろいいかななんて思って軽い質問のメールをしてみた。

「インターネットではあまりあなたの情報が無いので質問させてください。結婚してますか?コメディが好きですか?もっと質問はあるのですが、また別のメールで」なんて書いて送信してみると・・・・・

数時間後に即レスである。もう死んでもいい。ありがとうアン様。

ものすごく本人っぽい。もう本人確定じゃね?まじで。

わりと軽い感じで返事をくれた
===================================
Hi ○○(私の名前)--

I am not married.

I like comedy, but I prefer dark drama. i wrote a movie called Mara that is being produced and it is very very dark.

xx
annie
===================================

「私は結婚していません。私はコメディが好きです、でも暗いドラマのほうが好きです。私は"Mara"という映画を書いて、現在製作中なのですがそれはすっごく、すっごく暗いドラマです。」

と書いてある。新作情報である。(自分でも脚本書くんですね・・・意外な感じ)

そして最後に言葉が引用してある。

"Stories set the inner life into motion, and this is particularly important where the inner life is frightened, wedged, or cornered. A story greases the hoists and pulleys, it causes adrenaline to surge, shows us the way out, down, or up, and for our trouble, cuts for us fine wide doors in previously blank walls, openings that lead to the dreamland, that lead to love and learning, that lead us
back to our own real lives."

- Clarissa Pinkola Estes

長いよー。Clarissa Pinkola Estes(クラリッサ・ピンコラ・エステス)は詩人、神話研究、関係の人。

「物語は心の生活を動かす。特に心が怯え、邪魔され、悩んでいるときに重要だ。物語は滑車に油を差し、アドレナリンの波を起こして、わたしたちにトラブルから抜け出す方法を示す。見えない壁に広いドアを切り開き、夢の世界へ道見く。それが愛することや学ぶことへ私たちを導き、それが私たちを現実の生へ引き戻す。」そんな感じ。え?泣いてないよ?

軽い人かと思ったら、けっこうまじめかも。

またメールしてみよーっと。

d0008917_145612.gif

[PR]
by blogcrusher | 2005-12-07 14:05 | Anne Dudek

Anne Dudek 様から Mail を Get でございます。

★:゜*☆※>o('▽'*)Merry*Christmas(*'▽')o<※☆:゜*★

 アン様から Mail を Get でございます!!フォーー!!

ヾ(^^)〃。・:*:・゜'☆A Happy New Year☆,。・:*:・゜'ヾ(^^)〃

ついにアン様から待望のメールが来たわけですが・・・・本物である可能性は何%?

実はこのサイトの左側に、英語で「見たらメールください」と書いておいたので、密かに待っておりました。

うれしいので記念に文面の画像を貼っておきます。(アドレスは消しておくし、重要な内容じゃないのでいいですよね)

「こんにちは、私はアン・デュデクです。あなたのサイトを発見しました。素敵です。
でも誰が(何を?)書いているのかわかりません。ありがとう。xx。アニーより。」
と書いてあります。

「xx」は何でしょうか。キスマークの代わりだったでしょうか。「ちゅちゅ」ということですか。えへへ。

さっそく返事を書きたいと思います。なんて書こうかな?

騙されてるのかな?俺・・・。
d0008917_894798.gif

クリックしたらでかくなるよ。
[PR]
by blogcrusher | 2005-12-03 08:10 | Anne Dudek

この写真のAnne Dudekの後ろ頭がかわいくてしょうがない

アン様の一番かわいい写真はここにある。http://www.amrep.org/glass/

1930年代のコスプレである。後ろ頭とかかわええ。まじやばい。

劇でヒロインをやっている。

こんな立派な劇場で。http://www.amrep.org/loeb.html

賞ももらった。Connecticut Critics Circle Awards
http://www.broadwaystars.com/~alper/s101archives/2001awards/A01-4ct.html
上から三番目の項目。

劇の題名は「THE GLASS MENAGERIE」(グラス マネジャリ)

「ガラス製の動物たち」という意味。

ストーリーは1939年のセントルイス。大恐慌の中で父親を失ったウィングフィールド家。母親と兄と妹はアパート暮らしを始める。母親のアマンダは威厳を保とうとがんばる。兄のトムはあまり働く気が無い。妹のローラは厳しい現実に耐えられずガラス製の動物の置物の世界に逃避する。倉庫で働くトムは不満がたまり爆発しそうになる。母のアマンダはローラのために金持ちの結婚相手を探しまくる。そのアパートをジムという男性が訪れる。果たしてそれは希望の光なのかそれとも家庭の崩壊を招くものなのか・・・。そんな感じ。

アン様の役は妹のローラ。

自分でも懐かしいと思いながらこの画像を見ることがあるのだろうか。

2001年、26歳ころ。この頃が一番かわええ。今はなあ・・・・とかそんなネタでアン様とお話しをしてみたいです。
d0008917_032124.jpg

この後ろ頭。
[PR]
by blogcrusher | 2005-11-26 00:03 | Anne Dudek

Anne Dudekの下着姿

秘蔵のAnne Dudekの下着姿を2枚。

黒とピンク・・・・すばらしい。

大人っぽさとかわいらしさの両面ということで。

いろいろサイトを検索しているとAnne Dudek Nudeなどの文字をよく見かける。クリックするとかならず単なるアダルトサイトである。

「アン様はどこだ!?( ゚Д゚)ゴルァ!!」ということになる。

私は巨乳はあまり好きではないのでアン様ぐらいがちょうどよい。

ピンクのほうの画像の胸元を拡大していただくとわかるのだが上乳がけっこうはみでている。

短いシーンだがアン様は何度もチェックしたに違いない。納得のはみ出し具合である。

黒いほうは「BONES」というドラマの1シーンらしいのだが、出し方がわざとらしい。
(ピンクのほうはWHITE CHICKS」)

へそやパンティについては別の機会に。
d0008917_1932831.jpg

d0008917_1933811.jpg

[PR]
by blogcrusher | 2005-11-22 19:03 | Anne Dudek

海外にAnne Dudekファンがいました

海外のテレビ番組についての掲示板の「デスパレートな妻たち」のところの

GOOGLEのキャッシュにこんなのが残っていた。

Pooki
Couch Potato

Jan 24, 2005 @ 09:59 AM

--------------------------------------------------------------------------------
Does anyone know the name of the actress who plays Brandi?


It's Anne Dudek. I'm in the UK, where we've only just had episode three, but I recognised her right away - she used to be the lead actress in a great comedy drama series over here called The Book Group. She was in Six Feet Under once as well, as the serial killer's daughter who Nate shagged while he was going through his post-Lisa meltdown.


誰かが「誰かブランディを演じた女優の名前を知りませんか?」と質問したのに対して

カウチポテトのプーキさんが2005年の1月24日の午前9時59分に「それはアン・デュデクです。私はイギリスに住んでいて、第3話までしか見ていませんが、すぐに彼女だと分かりました。彼女はブックグループというすばらしいコメディドラマの主役をしていた女優です。彼女はシックスフィートアンダーにも殺人鬼の娘役として・・・・」と答えている。

私と同じで「デスパレートな妻たち」の「ブランディ」から「アン・デュデク」に注目した人間が居たとは。

いつか探し出してIMか何かでアン様のすばらしさについて語り合いたいと思います。
d0008917_8285414.gif

文字がつぶれてますが、クリックすると大きくなります。
[PR]
by blogcrusher | 2005-11-21 08:26 | Anne Dudek

アン様の新たな写真を発見

Anne Dudekが出演した、ロカルノ映画祭に出品された

A Coat Of Snow の映画祭のサイトの中のページを見つけた。
(イタリア語表記で名前がAnna Dudekになってますが)

従姉妹のバチェラーパーティにビデオカメラを持ち込んでどうのこうのという映画。

この写真の3人の中の中央がアン様だと思うのだが、

最初「年取った?太った?化粧してる?」みたいなショックの後

「いや大丈夫、写真のせいだな、より親近感わいちゃうなあ」みたいな感覚が戻ってくる。
d0008917_18224456.jpg

アン様は画像によってバラつきが大きいなあ。ブックグループとERとデスパレートな妻たちでもけっこう印象違うし。

これも新たな一面として受け入れよう。ファンとして・・・。
[PR]
by blogcrusher | 2005-11-19 18:22 | Anne Dudek

アン様主演映画の企画

今までにアン様を見たのは

実は「デスパレートな妻たち」と「最凶女装計画」と「ER」の3本だけ。

これからフレンズとかチャームドとかシックスフィートアンダーとか出るだろうけど、まだまだ。

「The Book Group」も放送予定なし。

暇なので、アン様主演の映画でも妄想する。

アン様はわりと演技が大げさな気がする。

「ER」のときは泣くところと驚くところの表情が大げさ。ベントン先生もひいてたで。

「デスパレートな妻たち」のときは、缶を捨てるときのだらしない感じとか、スーザンに詰め寄られて「こわーい、何このオバサン」という感じとか、スーザンに謝るときの「私もアホなりに考えてます」みたいな演技がわざとらしい。

「最凶女装計画」では、お前は自分も白人女なのに、白人女をバカにしてるやろと思えるほどの大げさ演技。

やっぱりコメディ向きだな。

シモねたとかはOKなんでしょうかね。

「The Book Group」がイギリス製作だったので「オースティン・パワーズ」をパクったようなやつか

「ミスタービーンズ」をパクって「ミスきゅうり」とか。

俺に力があれば「オースティン・パワーズ」のオープニングの裸のシモネタをアン様にやらせるのだが。

(裸でうろつきながら、カメラの場所とエロい障害物(バナナとか)であそこはぎりぎり見えないやつ、アン様の場合貝類を使うことになるのか)

俺と一緒にアカデミー賞かエミー賞狙おうぜ。
[PR]
by blogcrusher | 2005-11-19 13:26 | Anne Dudek

Anne Dudekの変な写真

ところでこの写真はデュデックさんなんでしょうか。

グーグルのイメージ検索でいつも気になっていたんですが。

キャプションにもAnne Dudekと書いてある

シカゴのコートシアターで1997年にIphegenia Cycleとあるので出てることは確かだと思うけど、

なんか変。かわいくない。

後で詳細を調べてみる。どんな話のどんな役なのか。

本人はこの写真についてどう思っているのか。いけてるのか?いけてないのか?
d0008917_8301943.jpg

[PR]
by blogcrusher | 2005-11-10 08:31 | Anne Dudek

Anne Dudekの日本での知名度

日本で"Anne Dudek"と"The Book Group"に触れているサイトは検索するとここ以外に7つほどしか見つからない。

Comedy Britannia(イギリスのコメディドラマについての記述のなかにブックグループが出てきて詳しく説明してある)

単語帳(英語の勉強に海外ドラマを使ったことについてのサイトのなかにブックグループのことが書かれている) 

くまぷーの海外ドラマblog (海外ドラマ全般についてのブログでデスパレートな妻たちについて書かれた部分があってアン・デュデクのことも詳しく取り上げている)

ita_wind7の日記(デスパレートな妻たちについて書かれた部分があって名前だけ)

映画の森てんこ盛り(映画の紹介をしている中に「白いカラス」について書かれた部分があって名前だけ) 

不明(良く分からないが「WHITE CHIKS」が紹介されている中で名前だけ)

Six Feet Under(ドラマシックスフィートアンダーの各エピソードについて書かれた中で名前だけ)

もっと増えますように。
d0008917_849014.jpg

[PR]
by blogcrusher | 2005-11-04 08:21 | Anne Dudek

Anne Dudekと同年代の女優

Anne Dudekと同年代の1975年~76年生まれの女優を集めてみた。

(75年生まれ)

「チャーリーズエンジェル」のドリュー・バリモアDrew Barrymore

「冬のソナタ」のチェ・ジウCho JiWoo

「トゥームレイダー」のアンジェリーナ・ジョリーAngelina Jolie

米倉涼子

(76年生まれ)

「キューティ・ブロンド」のリース・ウィザースプーンReese Witherspoon

観月ありさ

小雪

アン・デュデクのライバルです。負けてますか。そうですか。

d0008917_043985.jpg

[PR]
by blogcrusher | 2005-11-02 23:41 | Anne Dudek