●Anne Dudek (アン・デュデク)のファンサイトです。●NHKでAnne Dudek主演ドラマ「The Book Group」が放送されるようにがんばろう。
by blogcrusher
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


カテゴリ:ドラマ「The Book Broup」( 14 )

ブックグループが載ってる番組表

よくわからないが、個人サイトにあった、ある日のイギリスのテレビ番組表

2002年4月19日の21時30分からChannel4で「The book group」のThe Alchemistの回を放送とある。

こういう時間帯に放送してたのか。

Anne Dudekの名前も入ってる。

イギリスの番組表なんて見ること無いので、なんとなく珍しいので貼っておく。
クリックして拡大しないと分かりませんが。
d0008917_9153233.gif

チャンネル4の
d0008917_9154555.gif

21時30分から。
[PR]
by blogcrusher | 2005-11-24 09:17 | ドラマ「The Book Broup」

ブックグループの写真は誰か

ブックグループの写真が誰か当てる

"The Book Group"のキャスト紹介を見ると

Rory McCann .... Kenny McLeod (ケニー)
James Lance .... Barney Glendenning (バーニー)
Saskia Mulder .... Fist de Grooke (フィスト)
Derek Riddell .... Rab (ラブ)
Michelle Gomez .... Janice McCann (ジャニス)
Bonnie Engstrom .... Dirka (ディルカ)

となっている。

画像を探すと

バーニーJames Lance
d0008917_15262570.jpg

ディルカBonnie Engstrom
d0008917_15264675.jpg

ジャニスMichelle Gomez
d0008917_15271040.jpg

フィストSaskia Mulde
d0008917_15272369.jpg

ケニーRory McCann
d0008917_15273653.jpg

ラブDerek Riddell
d0008917_15274943.jpg

全員の写真。左からバーニー、ディルカ、ジャニス、フィスト、ケニー、ラブと言うことか?
d0008917_1528928.jpg

なんか写真を比較しても合ってるか自信が無いが、前からしていた予想はほとんどハズレ。

ていうかこの記事も間違ってる感じがする。外人の男の顔の見分けがつかない。

_| ̄|○

対応関係が分かる人がいたらぜひ指摘して欲しい。  
[PR]
by blogcrusher | 2005-11-16 15:28 | ドラマ「The Book Broup」

ブックグループ第6話

6. A Little More Living

第1シーズンの最終回。

Kenny's book is about sex with beautiful women. But when Fist and Dirka take him home one night, he doesn't know what to do.

また短いな。書いた奴はやる気無いのか?

一応訳す。

ケニーの本は美しい女性とのセックスについてのものだった。しかしある夜フィストとディルカ(2人とも女性?)が彼を家に送るとき、彼は何をするか知らなかった。(セックスについてか?)

たぶん童貞を笑う話。笑えそう。笑えない?
d0008917_22134715.jpg

誰が誰だか後で確認してみよう。画像でも探しに行くか。
[PR]
by blogcrusher | 2005-11-15 22:10 | ドラマ「The Book Broup」

ブックグループ第5話

5. Dark Alley (暗い小道)

Janice hosts the book group as they discuss the book written by the author she is having an affair with. But the group can't seem to focus on their subject.

前回の続きみたいな感じ。

ジャニスはブックグループの司会をした。そのとき話題にしたのは彼女と関係を持った例の作家の本だった。ブックグループのメンバーは集中できないようだ。

それにしても短い文章だ。まあ、あんまり詳細に書かれると、ドラマ見る必要がなくなるからこうやってじらされる程度がいいか・・・。(いつか放送されればいいけれど)
d0008917_8501727.jpg

残りの左端がラブということか?エピソードガイドには登場しないが、一番目立たない役なのか。
[PR]
by blogcrusher | 2005-11-13 08:53 | ドラマ「The Book Broup」

ブックグループ第4話

4. Bedtime Stories

元の文。

Janice sleeps with a famous author and can't wait to confess to her priest, who is a big fan of his books.

ずいぶん短いので翻訳サイトを使わずにそのまま訳しておく。

ジャニスは有名な作家と寝ている。ジャニスは神父にその罪を告白したい。しかしその神父はその作家の大のファンだ。

シチュエーションは面白い。しかし見てみないと面白いかどうかわからない。神父しだいだな。

つーか、短くてよくわからん。
d0008917_813142.jpg

ジャニスはおそらく左から4番目の金髪だと思うが、女性3人はどれが誰か自信が無い。
[PR]
by blogcrusher | 2005-11-12 08:15 | ドラマ「The Book Broup」

ブックグループ第3話

3. Magical Realism (夢のような写実主義)

Kenny is writing a book in which a woman who looks alot like Fist shares a cabin in the hills with him. Meanwhile, Clare is writing a book in which a professor not unlike Barney falls in love with an American student with more than a passing resemblance to herself.

エキサイト翻訳に突っ込む。

ケニーはFistに多く似ている女性が彼と丘のキャビンを共有する本を書いています。 その間、クレアはバーニーと似た教授が一時的な類似自分における以上と共にアメリカ人の学生と恋に落ちる本を書いています。

多分こんな意味だろう。

ケニーは自分がフィストに似た女性と丘の小屋に一緒に住むという話を書いている。一方クレアはバーニーに似た教授がクレアに似たアメリカ人の生徒と恋に落ちるという話を書いている。

クレアとケニーが本を書いているのだが、その話は二つとも自分に似た主人公がブックグループのメンバーに似た登場人物と恋する話だったという話らしい。まあブックグループのメンバーは変人が多いようなので、そんな人と恋する話を書くというのはばかげていて、それなりに笑えそう。

それにしても見てもいないドラマについて、要約だけで感想を書くのはつらいなあ。
d0008917_827599.jpg

どれが誰だか考え中。

一番右はケニーか。その隣がバーニーな感じ。フィストはエロそうな左から2番目か。
[PR]
by blogcrusher | 2005-11-11 08:28 | ドラマ「The Book Broup」

ブックグループ第2話「錬金術師」

ブックグループ第2話「錬金術師」

The Alchemist (episode #2)

Dirka, a bored Swedish footballer's wife, hosts the group and chooses a New Age favourite to discuss, "The Alchemist". But some members take the book's message too far.

エキサイト翻訳にかけてみる。

Dirka(退屈しているスウェーデン人のフットボール選手の妻)はグループをホスティングして、議論するニューエイジのお気に入り、「錬金術師」を選びます。 しかし、本のメッセージをあまりにはるかに取るメンバーもいます。

手直ししてみる。

退屈なスウェーデン人のフットボール選手の妻であるディルカがブックグループの司会をすることになった。ディルカはニューエイジ思想(瞑想とか?)の人が好んで議論の対象にする「錬金術師」という本を選んだ。しかしブックグループのメンバーはその本のメッセージから離れた理解をする。

「The Alchemist」はこの本。欧米でベストセラーになってた本。日本でも売っている。夢を旅した少年サンチャゴの物語だそうです。あまり読みたくない感じ。

本の内容を知らなくても笑えるのかな?つまらない物語をみんなで変な解釈をして笑わせるって感じかな?

スウェーデン人というのもなにかキャラクターとして新鮮。コメディではどんな扱いなんだろう。
d0008917_1617464.jpg

どれが誰なのか考え中・・・。

ディルカは左から3番目の女の人かな。2番目かも。おそらくどちらか。
[PR]
by blogcrusher | 2005-11-10 08:27 | ドラマ「The Book Broup」

ブックグループ第1話。

ブックグループ第1話。

On the Road (episode #1)

Clare sets up 'The Book Group' in an effort to meet some new and interesting people, unfortunately for her, those who arrive at the first session are clearly not the friends she hoped to meet.
Kenny is very shy. Rab is very outspoken. Janice is quiet, Dirka and Fist are slutty and Barney is a well-educated snob, and poor Clare is just trying to make some new friends.
As events transpire, it's revealed they're all just searching for the same thing, they're all lonely people, who need each other's company.
But as the weeks and month's go on, will the Book Group be able to keep itself together under the weight of all these ego's?

エキサイト翻訳にかけてみる。

何人かの新しくておもしろい人々に会うための努力における'Book Group'へのクレアセット、残念ながら、彼女にとって、最初のセッションに到達する人々は明確に彼女が会うのを望んでいた友人ではありません。
ケニーは非常に内気です。 Rabは非常に率直です。 ジャニスは静かです、そして、DirkaとFistは自堕落です、そして、バーニーはよく教育を授けられた俗物です、そして、貧しいクレアはただ何人かの新しい友人を作ろうとしています。
出来事が蒸散するとき、ただ同じものを捜し求めているのを明らかにして、彼らは皆孤独な人々です。(その人々は互いの会社を必要とします)。
しかし、何週間も月のものが経つように、Book Groupはこれらのすべての自我の体重の下でそれ自体を団結させることができるでしょうか?

手直ししてみる。

クレアは面白い人々と出会うためにブックグループを立ち上げた。残念なことに最初の会合に来たのは明らかに彼女が望むような人ではなかった。ケニーは恥ずかしがり屋で、ラブはきつくて、ジャニスは物静かだ。ディルカとフィストはだらだらしている。バーニーは高学歴を鼻にかけるタイプだ。しかしクレアは新しい友達を作るためにがんばった。いろいろな出来事が起こるにつれ、彼らは同じものを求めていることがわかってくる。彼らはさびくて互いに一緒にいたいと思っている。しかしブックグループはメンバーの勝手なエゴの強さに耐えて何ヶ月も続くのだろうか。

ラブとかディルカはこの読み方でいいのかな?

コメディだからキャラクターは面白く誇張されていそう。

でもちょっとしんみりする部分もありそうな感じ。

クレアががっかりするところと、無理してがんばるところを見てみたい。
d0008917_16173341.jpg

どれが誰なのか考え中・・・。

当然真ん中がクレア。
[PR]
by blogcrusher | 2005-11-09 08:09 | ドラマ「The Book Broup」

「The Book Group」のエピソードガイドを発見

「The Book Group」のエピソードガイドを発見しました。

2つシーズンで全12話分のエピソードの要約が掲載されている。

とりあえずタイトルだけ適当に直訳しておいた。意味が分からないのも多い。

誰かフォローしてくださいつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

1: On the Road (道の途中で)
2: The Alchemist  (錬金術師)
3: Magical Realism  (不思議なリアリズム)
4: Bedtime Stories  (子供を寝かしつける時にしてやる話)
5: Dark Alley  (暗い小道)
6: A Little More Living  (もう少しの生活費?)
7: Suenos (?)
8: Hunger (飢え)
9: You Must Change Your Life (生活を変えなければならない)
10: Drowning (溺れる)
11: Research (調査)
12: A'Salaam Insh'Allah (アラーがどうのこうの?)

一個ずつエピソードの要約を日本語に訳して行こうと思う。

英語は苦手なんですが、がんばります。とりあえず翻訳サイトにかけてみるか・・・。
[PR]
by blogcrusher | 2005-11-08 08:22 | ドラマ「The Book Broup」

NHKのサイトに「The Book Group」放送を要望しよう

Anne Dudekの「The Book Group」をぜひNHKの海外ドラマ枠でみたいのでNHKのサイトから要望でも送ってみることにする。

ここからでいいのかな?

メールアドレスだけでいけるみたい。名前とか住所書いたほうが真剣に扱ってもらえるかな?

要望なんて書いたこと無いけど、どうしようかな?

「いつもNHKの番組を楽しく拝見さていただいております。ついてはぜひ放送していただきたい海外ドラマがありますので要望します。2001年にイギリスのチャンネル4で放送された「The Book Group」というシチュエーションコメディです。ぜひ検討していただけるようお願いいたします。」

丁寧すぎますか。もっと砕けた感じがいいですかね。

「今BSで「デスパレートな妻たち」やってますよね。それに出てきたゲストのAnne Dudekって人がイギリスでやってた「The Book Group」っていうドラマがあって、私の周りでもみんな見てみたいねーなんて言ってるんですが、いつか放送してもらえないですか?お願いします☆。」

俺は受信料を引き落としで払っているのでもっと偉そうに要望するか。

「受信料を引き落としで払っているものだが、ちょっと要望させてもらいたい。2001年イギリスのチャンネル4で放送された「The Book Group」というドラマをぜひ海外ドラマ枠で放送してくれたまえ。」

・・・メアドをたくさん用意して私の中のたくさんの人格に要望させることにするか。

ファンクラブのみんなもある限りのメアドと人格で要望してみませんか。

デュデクの喜ぶ顔が見たい。
d0008917_8352383.jpg

[PR]
by blogcrusher | 2005-11-05 08:36 | ドラマ「The Book Broup」